茂木健一郎氏、スマホ使用できない生活困窮者の増加に「情報へのアクセスは、今や保護されるべき基本的な権利」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

脳科学者の茂木健一郎氏(58)が6日、自身のツイッターを更新。新型コロナ禍の生活困窮でスマートフォンを使用できなくなった人への支援を訴えた。

 コロナの感染拡大が引き金となり、仕事や住まいを失った人たちが料金の滞納によりスマホでの通話ができなくなり、新たな仕事を見つけることも難しいことなどを報じた記事を貼り付けた茂木氏。「記事中にありますが、『自治体の福祉事務所は、スマホが使えない状態になった人々に対して一定期間、スマホを貸し出すべきだ』と思います」とつづった上で「情報へのアクセスは、今や保護されるべき基本的な権利でしょう」と提言していた。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。