阪神の嶋作る!山田新1軍バッテリーCが所信表明「勝てる正捕手を」(サンケイスポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

虎で嶋を作る! 阪神の来季のコーチングスタッフが23日、発表され、1軍に昇格する山田勝彦2軍バッテリーコーチ(48)が遠征先の宮崎で、「勝てる正捕手を育てたい。ノルマは100試合出場」と所信表明した。V奪回が至上命令となる3年目の金本阪神のキーマンが理想に挙げたのが、楽天・嶋基宏捕手(32)。課題の捕手陣の再建へ、熱く意欲を示した。

 南国宮崎から熱く、力強いメッセージが届いた。虎の来季スタッフが発表され、山田新1軍バッテリーコーチが虎の正妻育成を宣言だ。

 「正捕手の第一条件は勝てること。チームが勝てばいい。ノルマは100試合出場だね。楽天時代にみていたが、嶋が独り立ちして成績があがると、みんなこの捕手しかいないとなったよ」

 “虎の嶋”を育て上げる! 日本球界を代表する捕手に成長した楽天の頭脳。その過程の一部始終を、バッテリーコーチとして見守ってきた山田コーチが、今度はタテジマで名司令塔の育成を誓った。

 「嶋も経験を積んで独り立ちしたら、みんなが『嶋さん』と頼りだした。逆に勝てないとダメ出しされるが。勝つことで投手から信頼を得て、配球もうまくなるから」

 現在は2軍監督代行としてフェニックス・リーグに参加中。金本政権2年間は2軍バッテリーコーチとして、若手捕手育成に勤しんだ。その前の和田政権では3年間1軍バッテリーコーチ。虎の捕手陣は知り尽くしている。

 そして、現役の阪神時代、楽天コーチ時代は名将・野村克也氏(サンケイスポーツ専属評論家)の下で、最高峰の野球を学び、身につけてきた。その期間に接したのが嶋だった。

 「梅野は盗塁阻止率は素晴らしい。でも、股関節の硬さがある。坂本は(故障があって2軍ではジックリ)見れてない部分もあり、まだ特徴を決めつけたくない。長坂は1軍で経験して変わってきた。でも、来年に向けては、すべてをリセットして見ていきたい。岡崎も、小豆畑、小宮山もいる」

 横一線の状態から、勝てる捕手選びを開始する。今季スタメンマスクは梅野90試合、坂本37試合、岡崎16試合。山田コーチのノルマ(100試合)をクリアしたのは、2010年の城島健司(144試合)が最後。リーグ連覇の広島は会沢が、ソフトバンクも甲斐が今季正妻に成長。強いチームには、しっかりとした扇の要がいる。最重要課題の1つは、間違いなく正捕手の誕生だ。

 指導では一切の妥協を許さない山田コーチだが、冗談を交えて技術面のアドバイスを送るなど指導力に定評もある。また、若手捕手には配球などをまとめたノートを提出させて、グラウンド外でも意見交換を重ねてきた。

コメントを残す