【巨人】1点差9回に中川、ビエイラ、桜井、高梨4投手継投 原監督もマウンドへ「ベストを尽くした」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人3―2広島(3日・マツダ)

 巨人は1点リードの9回に4投手が登板した。

 8回先頭から登板していた中川がイニングまたぎでマウンドに上がり、先頭の安部を二ゴロ。「左対左」でアウト1つを、というベンチの期待に応え、首脳陣はビエイラに交代した。

 だが、ビエイラは松山と小園に連打を浴び1死一、二塁。ここで原監督はプロでセーブの経験がない桜井を投入。桜井は最初の打者、代打・石原の打席で低めの落ちる変化球を捕手の炭谷が止めきれずワイルドピッチとなり1死二、三塁。だが、石原を再び低めの落ちる球で空振り三振に抑えた。

 2死二、三塁。ここで原監督が自らマウンドに足を運んで続く菊池涼の申告敬遠を指示。2死満塁、広島が代打・田中広を告げると左の高梨を起用し、高梨が田中広を二ゴロに抑えて1点差で逃げ切った。

 原監督はしびれる1点差の9回の継投について「ベストを尽くしたと言うことでしょうな」と話した。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。