【巨人】Z・ウィーラーが7回V弾、9回4投手継投でリード守り連敗を2で止める(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 広島2―3巨人(3日・マツダスタジアム)

 巨人が7回にZ・ウィーラーの4号ソロで勝ち越した1点を守り切り、連敗を2で止めた。

【衝撃写真】乱入した阪神ファンに襲われる巨人ナイン

 先制したのは、巨人。初回、坂本勇人のチームトップタイの5号ソロで1点を先取した。広島は3回、鈴木誠也の7号2ランで逆転。巨人が6回、丸佳浩の2号ソロで同点とした。そして7回、ウィーラーが出場12試合連続安打となるソロホーマーを中越えに叩き込んだ。

 巨人の先発は畠世周。同点の6回、2死一、三塁のピンチを迎えると、2失点と粘投していたが、鍵谷陽平に交代。鍵谷は続くクロンを遊ゴロに抑えて無失点で切り抜けると、7回も3者凡退と好投した。

 8回から1回1/3を中川皓太が抑えると、4番手はT・ビエイラ。しかし連打を食らって1死一、二塁として1死も取れずに降板。継投した桜井俊貴は暴投で二、三塁とピンチを広げたが、続く石原を空振り三振に抑えた。菊池涼は申告敬遠としたところで、6番手に高梨雄平を投入。2死満塁のピンチを切り抜けた。9回は4投手をつぎ込む継投となった。

【広告】


コメントは受け付けていません。