鹿島採点&寸評 “鹿島らしさ”感じる3発快勝!MOMは実質3アシストの若きトップ下(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆明治安田生命J1リーグ▽第12節 横浜FC0―3鹿島(1日・ニッパツ三ツ沢球技場)

 鹿島はMF白崎凌兵、MF土居聖真、DF町田浩樹がゴールを挙げ、横浜FCに3―0で完勝した。

 採点と寸評は以下の通り。

相馬直樹監督【6・5】各選手の長所が出ており、かつ組織的なサッカーを構築。3点目が奪えたこと、しかもセットプレーだったことも今後への好材料

GK沖悠哉【6・5】前線に高さはなかったが、巧みなキックでピッチを支配。マリー・アントワネットが言ったとされる「高さがないなら、低くて鋭いキックをすればいいじゃない」を体現

DF常本佳吾【7・0】高い運動神経と賢い判断を掛け合わせた多才なプレーの数々。飛び出した犬飼、かわされた町田、触れずの沖を救う見事なシュートブロックも

DF犬飼智也【6・0】相手シュートを4本に封じる。細かいミスもあったが、結果を自信に変えて精進を

DF町田浩樹【6・5】今季3点目。DFでは脅威の年間10点ペース。伊藤にかわされた場面は、ボールに触れてガチャっとした結果なので仕方ない部分もある

DF永戸勝也【6・0】対面のマギーニョには手を焼いたが、決定的な仕事はさせなかった

MF三竿健斗【6・5】相馬監督のサッカーは、代表に選ばれていた頃のようなプレーができるサッカー。伸び伸びとバチバチし、つぎつぎと狩り狩り

MFレオシルバ【6・5】中央に穴を空けず、前線への供給やサイドへの展開も巧み。終盤はトップ下へ

MF土居聖真【6・5】PK失敗も、レオシルバの猛プレスをかいくぐってこぼれ球を押し込む。荒木、染野を生かす位置取りも高評価

MF荒木遼太郎【7・0】実質3アシスト。うまくさばき、巧みに走り、周りを使い、大胆につなぎ、FWを追い越し、ゴール前で強いトップ下。MOM

MF白崎凌兵【6・0】先制点。逆サイドからのクロスをワンクッション置いて中で仕留めた形。足の巧さは控えめも、頭の巧さは随所にみられた

FW染野唯月【6・0】できないプレーもまだ多いが、精いっぱい頑張るのでセカンドボールが鹿島側にこぼれがち。あとはゴール

MF松村優太【5・5】後半17分IN。雨天のピッチ状況もあってか、仕掛ける場面は限られた

MF小泉慶【―】後半43分IN。なんと右MFで出場。同姓の某大臣が言ったとされる「おぼろげながら浮かんできたんです、37という数字が」を(監督が)体現。出場時間短く採点なし

MF遠藤康【―】後半43分IN。左サイドに配置。出場時間短く採点なし

MFピトゥカ【―】後半43分IN。ボランチに配置。出場時間短く採点なし

DF杉岡大暉【―】後半46分IN。左サイドバックに配置。出場時間短く採点なし

谷本涼主審【6・0】試合終了直後に雷&豪雨。両ベンチに説明した上で雷中断を見送った判断はファインプレーだった

※平均は5・5~6・0点。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。