韓国7人制ラグビー五輪代表に流経大前コーチ、チャーリーさん合流。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

7月26日から開催予定の「東京五輪ラグビー競技(7人制)」。
 アジア代表として出場権を得ている韓国男子7人制代表は、4月5日から国内で今年3度目の合宿に入った。練習・準備は五輪終了までメンバーを選びながら続くという。
 今回、チームの頭脳が4月16日に合流した。前年度まで流経大でコーチを務めた南アフリカ出身のチャールズ・ロウ氏だ。新型コロナウイルス感染防止のための隔離期間を終了し、チームへ。大韓ラグビー協会とは15日に「ゼネラルマネジャー&パフォーマンスコーチ」として正式に契約した。

 日本でチャーリーさんと親しまれたロウ氏。五輪代表チームのゼネラルマネジャーとなり、全体的な視野から五輪まで指導する。
 韓国代表チームは2019年11月、韓国で開催された「アジア最終予選」で優勝し、五輪切符を勝ち取った。この時、チームセブンズの先端理論、スタイルをもたらしたのがロウ氏だった。手腕を期待し、在日の崔潤(チェ・ユン)新大韓協会会長のもとで韓国へ渡ることになった。流経大も韓国代表OBの池英基ヘッドコーチが在籍するなど韓国ラグビー界と強い関係を持つ。ロウ氏を快く送り出した。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。