【ラグビー】職場の仲間から贈られたスパイクで。東郷太朗丸[日野]、10番の存在感示す。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】漢方ハーブシャンプー

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のハーブシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

ふたたび巡ってきたチャンスに結果を残したい。
 4月25日、秩父宮ラグビー場でトップリーグ2021プレーオフトーナメントの2回戦がおこなわれる。トヨタ自動車ヴェルブリッツと戦う日野レッドドルフィンズの10番を東郷太朗丸(たろま)が背負う。

 今季はリーグ戦で2試合に出場した。第5節のNTTドコモ戦には途中出場。リーグ戦最終戦(第7節)のリコー戦では先発した。
 流経大から加入4シーズン目。公式戦で10番を背負うのは初めてだった。

 本来のポジションでピッチに立つ。待ちに待った日は4月10日、駒沢陸上競技場だった。
 結果は19-41。完敗だった。
 前半は0-24。自身は後半からクリップス ヘイデンと交代した。

 ホワイトカンファレンスの中で少しでも順位を上げたい。
 そのためチームは勝利だけでなく、相手よりトライを3つ以上多く取って、ボースポイントを獲得しようと目論んだ。
 しかし、「(得点を重ねたくて)攻め急いでしまった」。
 ボールを手にして敵陣に入ってもスコアに至らず、相手にボールを渡す結末に終わる。そんな40分を過ごした。

 チームは、後半だけなら19-17と相手を上回った。「スコアを見ればクリップスと自分の違いと言われても仕方ない」と話す。
 この日のBKラインには、WTBの竹澤正祥以外、外国出身選手が並んでいた。普段の練習から外国出身選手たちとコミュニケーションをとっているが、この日は全員の意志を束ね切れなかった。
「10番をやっている人がゲームドライバー。もっと自分がイニシアチブをとってプレーすべきでした」
 そう反省する。

 プレーオフトーナメントの1回戦ではメンバー外となった。
 しかし、今週末のトヨタ戦に向けての準備の中で思い切りのいい仕掛けをすると、周囲も好反応。いい結末を生むこともあった。
 トヨタ戦でも、自分らしいパフォーマンスを出してチームを動かしたい。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。