【ラグビー】ドコモ初の8強入り! 近鉄奮闘するもパナソニックに敗れる。トヨタ、キヤノンも準々決勝へ(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

ジャパンラグビートップリーグ2021は4月25日、プレーオフトーナメント2回戦の4試合が各地でおこなわれ、NTTドコモレッドハリケーンズ、トヨタ自動車ヴェルブリッツ、キヤノンイーグルス、そしてパナソニック ワイルドナイツが勝って準々決勝進出を決めた。

 2011年に国内ラグビー最高峰のトップリーグに初昇格して以来、厳しい戦いを経験し、過去最高11位だったNTTドコモが、ついにベスト8入りを果たした。今季はリーグ戦から旋風を巻き起こしていたが、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場でおこなわれたプレーオフトーナメント2回戦でHonda HEAT(ホンダヒート)に21-13で競り勝ち、チームの歴史を塗りかえた。

 序盤はホンダが優勢だった。しかし、何度か敵陣深くに入るも、トライを奪うことはできず、ドコモは失点をペナルティゴール(PG)1本に抑えた。

 両チームとも堅い守りで試合が進むなか、最初のトライが生まれたのは26分だった。日本代表でもあるLOヴィンピー・ファンデルヴァルトの力強い突進でドコモが敵陣深くに入り、フェイズを重ねてワイドにボールを動かし、左外にいた南アフリカ代表WTBマカゾレ・マピンピがインゴールに持ち込み逆転した。
 ドコモはさらに39分、敵陣22メートルライン内に入るとFWを使って少しずつ前進し、最後は主将のLOローレンス・エラスマスが抜けてインゴールに飛び込んだ。

 14-3で折り返したドコモは、後半もしばらくホンダの堅守に苦しんでいたが、57分(後半17分)、相手のラインアウト失敗からボールを手にし、動かしてキック、敵陣深くではねたボールはチェイスしていたCTBベンジャミン・ソーンダースの手に入り、隣でサポートについていたニュージーランド代表SHのTJ・ペレナラにつなぎ、トライが決まって点差を広げた。

 ドコモと同じく初のベスト8入りを狙ったホンダも粘り、63分、ハーフウェイ右でボールをもらったWTB生方信孝がペレナラのタックルを振り切り、キックしたボールをチェイスして自らインゴールで押さえ、5点を奪い返す。さらに66分、CTBクリントン・ノックスのゲインで敵陣深くに入り、たたみかけ、南ア代表LOフランコ・モスタートがインゴールに突っ込み、8点差に詰めた。

 しかし、その後もホンダは果敢に挑み続けたものの、ドコモがリードを守り切り、21-13でノーサイドとなった。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。