SSUアスレジーナ・小池真理は明るく盛り上げるムードメーカー「地元の女子サッカーを盛り上げたい」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

今季、9選手が移籍加入してパワーアップした、女子サッカーなでしこリーグ2部の静岡SSUアスレジーナ。身長148センチと小柄ながら、豊富な運動量を誇るMF小池真理(20)に注目だ。2年ぶりに故郷に戻り、「地元の女子サッカーを盛り上げたい」と燃えている。

 常葉大橘高2年冬に全国選手権に出場し、卒業後はなでしこ2部のバニーズ京都SCでプレー。無尽蔵のスタミナを評価されてサイドバックを任されていた。「元気の良さが取りえです」と笑い、SSUの本田美登里監督(56)も「明るく盛り上げてくれるムードメーカーです」。既にすっかりチームに溶け込んでいる。

 本田監督の「つなぐ」スタイルを見て、「このサッカーを覚えれば、どこででも通用する」と移籍を決めた。毎日の練習に刺激を受け、自身の成長を実感している。ヘディングでは長身の選手に勝てないが、「小さい体を生かせ」と監督から言われており、相手DFの懐に入り込むような低いドリブルで勝負だ。

 ピッチ上を元気いっぱいに駆け回り、攻撃にリズムを作る。「チームの勝利に貢献したい。そして静岡の女子サッカーを、たくさんの人に知ってほしい」。10日の開幕戦は出番がなく、チームも敗れたが、ここから巻き返す。(里見 祐司)

◆小池 真理(こいけ・まり)2000年10月8日、長泉町生まれ。20歳。サッカーは5歳から。東海大静岡翔洋中―常葉大橘高―バニーズ京都SC。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。