【大阪杯】人気馬優勢も「仕方ない」乗り替わりは要チェック 狙ってみたいワグネリアン(SPAIA AI競馬)

【広告】漢方ハーブシャンプー

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のハーブシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

出典元:SPAIA AI競馬

大阪杯はG1となって今年で5回目。G1開催としての過去データが少なくサンプル少ないのだが、逆に少ないサンプルから強く出ている傾向に「意味がありそうか」を状況から考察することで「使えるかも」という条件を探してみるのもたまには楽しい。

【大阪杯 2021予想】コントレイルvsグランアレグリア データで見る2000m最強はどっちだ!(SPAIA編)

あえて少ないサンプルを掘り下げていこうと思う。過去4回しかないG1の大阪杯過去結果から特徴を探すと、まずは前走着順から極端な傾向が出ている。

勝ち馬は前走掲示板となる5着以上。3着内も1例を除き前走が5着以上だった。しかも例外だった1例は2017年大阪杯2着のステファノスで前走は金鯱賞6着(1着と0.3秒差)と、掲示板まであとわずかだった。

サンプルが少ないが、この傾向には理由付けがしやすい。昨年秋競馬で優秀な結果を出した馬の春競馬復帰戦、ないしは前哨戦で結果を出した馬が一気に集うのが大阪杯。距離もマイラーから長距離馬まで出走しやすく多彩な路線の有力馬が揃いやすい。前走成績が奮わない馬が巻き返すにはとてもハードルが高そうである。

そして今年の大阪杯の登録では例年にないほど前走大敗馬が多い。13頭中、前走7着以下だった馬は6頭もいる。過去4回で前走7着以下馬は合計7頭しかいなかったのだが、今回私はバッサリと切ってみようと思う。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。