【ソフトバンク】川島が痛恨の失策 今季右翼スタメンはわずか1試合(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

◆2017ローソンチケット パ・クライマックスシリーズ最終S第2戦 ソフトバンク1―2楽天(19日・福岡ヤフオクドーム)

 思わぬ形でソフトバンクが先制点を許した。初回1死一塁、銀次の右前の打球は、ワンバウンドでチャージした川島の右を抜けていった。「左打者の打球があっちにいくとは思わなかった」。後逸する間に一塁走者・藤田の生還を許した。

 川島は本職が二塁で、今季、右翼でスタメン出場はわずか1試合。辛島と今季5打数3安打という相性の良さも買われ、2試合連続でスタメン出場したが、結果的に痛恨の失策が生まれた。工藤監督は「バウンドが変わったという話も聞きました。何とか(走者を)三塁に行かせたくないという思いもあったでしょうが…」とかばった。

コメントを残す