【東西現場記者走る】探せ!道悪巧者、それって“キセキ”!?(サンケイスポーツ)

菊花賞の勝ち馬をあぶり出す『東西現場記者走る』は4日目。悪天候に逆戻りした栗東トレセンで取材を続ける東京サンスポの板津雄志記者(38)は、週末までの雨を考慮して重馬場巧者探しに奔走。神戸新聞杯2着のキセキに注目した。良馬場での経験しかない馬だが、父は道悪で無類の強さを誇ったルーラーシップ。タフな馬場でパフォーマンスを上げる可能性は十分ある。

 つかの間の好天は終わり、連載中3度目の雨。週末まで天気が回復しないならレース当日の道悪は免れないか。適性がありそうな馬をピックアップしなければ。

 調教スタンド1階の休憩所にちょうどM・デムーロ騎手がいた。騎乗馬キセキは道悪適性がありそうかを聞いてみた。

 「追い切りは少し重たい芝でもバランスをとって走れていたし、悪くはないと思う。ただ、調教とレースで馬場は違うからやってみないとね」

 キセキは良馬場しか経験がないので煮え切らない答えも仕方がない。少し切り口を変えた。彼のお手馬には宝塚記念を勝ったサトノクラウンがいる。なぜあの馬は道悪で好成績を残せるのか。

 「サトノクラウンの父はマルジュでヨーロッパの馬だからタフな馬場が合う。ネオユニヴァース(重馬場のダービー優勝)の子にも得意な馬が多いね」

 ちなみにルーラーシップ自身には乗ったことがないので分からない-。だが、ルーラーは現役時代、名うての道悪巧者だった。京都で行われた金鯱賞は今でも鮮明に覚えている。致命的な出遅れを喫しながら、不良馬場をスイスイと進んで豪快に差し切ったのだ。稍重の香港GIクイーンエリザベス2世Cも圧勝し、稍重~不良では【4・0・1・0】とほぼ完璧な成績を残した。

 問題はキセキが父に似ているかどうか。その点で重要な証言が得られた。ルーラーの金鯱賞に騎乗し、キセキの3走前(1着)でもコンビを組んだ福永騎手が「(産駒で)キセキがルーラーシップ一番似ているんじゃないかな」と明かした。担当の清山助手も「跳びの大きさもそうだし、激しさと静かさの表裏一体な気性面も似ている」とうなずく。

コメントを残す