ローマMFナインゴラン、チェルシー戦引き分けにも「自分たちのほうが上だった」(GOAL)

ローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴランは、引き分けに終わったチェルシー戦では自分たちが上回っていたと考えているようだ。イタリア『メディアセット・プレミアム』が報じた。

ローマは18日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節でチェルシーと対戦。2点ビハインドから一時は逆転に成功したが、最後はホームのチェルシーが意地を見せて3-3のドローに終わった。

ナインゴランは試合後、チェルシーよりもローマのほうが上回っていたことを主張した。

「素晴らしいパフォーマンスを見せられたと思う。同点弾を許してしまったのは残念だった。僕らのほうが彼らより良かったと思うからね。もっと長い時間リードを保つべきだった。1ポイントは悪くないけどね」

また、ナインゴランはチェルシーのアントニオ・コンテ監督に熱望されていたが、結局移籍が実現することはなかった。ベルギー代表MFはあくまでもローマでのタイトル獲得を望んでいると話した。

コメントを残す