【東京V】16歳MF橋本陸斗とプロ契約を締結…開幕戦でJ2最年少デビュー(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

東京Vは8日、MF橋本陸斗(16)とプロ契約を締結したと発表した。今月2日に16歳の誕生日を迎え、プロ選手の規定を満たしたことから、クラブはプロ契約を結んだ。

 橋本は2月26日にユースに所属のままトップチームの公式戦に出場できる2種登録され、同28日の愛媛とのJ2開幕戦で後半34分からデビューを飾った。15歳10か月26日での初出場は、J2の最年少出場記録。Jリーグ全体でも15歳5か月1日でJ3出場の久保建英(F東京U―23)、15歳10か月6日でJ1出場の森本貴幸(東京V)に次ぐ年少3位の記録となった。

 クラブを通じて「この度プロ契約を結ばせて頂くことになりました。小学生の頃からずっと好きだったチームで、自分の夢であるプロサッカー選手を始められることをすごくうれしく思います。感謝の気持ちを忘れず、このチームのために全力を尽くします。ファン、サポーターの皆さん、ぜひ温かい声援をよろしくお願いします」とコメントした。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。