【桜花賞】メイケイエール、直線グンと加速 代役・横山典の手綱に夢を託す(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆桜花賞追い切り(7日・栗東トレセン)

 メイケイエールはCWコースを半マイル追い。直線を向いて手綱が緩められるとグンと加速し、前の併せ馬を外から余力十分にかわしてゴールした。騎乗した武英調教師は「ここ2週は前に馬を置いて抜かさない調教。今日は抜かす時の(ハミの)かみ方や、追いかけられた時の感じを見たかった。体調は見るからに良くなっています」と万全の態勢を強調した。

【データで見る】メイケイエールの血統、戦績

 デビュー以降、課題は折り合いの一点。前走は制御力が強いクロス鼻革を装着したが「スピードを生かすためにも、気分よく走ってもらいたいので」と今回はシンプルな馬装で臨む。武豊の負傷で急きょの依頼となった横山典への期待は大きい。「どうしてもG1タイトルが欲しいと考えたら横山典騎手でした。僕の憧れの存在であり、馬の気持ち最優先で競馬をされますから」。トレーナーはベテランの手綱に、桜冠奪取の夢を託した。(吉村 達)

【広告】


コメントは受け付けていません。