【大分】敗戦の中でつかんだ光。松本怜「通用する部分も見いだせた」(サッカーマガジンWeb)

出典元:サッカーマガジンWeb

川崎フロンターレ戦で大分トリニータは4バックを採用し、序盤は互角の戦いを演じながらも、最後は力尽きることになった。右サイドバックとして今季初先発を果たした松本怜が試合後に取材に応じた。

【写真】大分の元川崎F勢、下田北斗、ポープ・ウィリアム、高木駿の3人が等々力のサポーターに挨拶

■2021年4月3日 明治安田生命J1リーグ第7節(@等々力陸/観衆9,810人)
川崎F 2-0 大分
得点:(川)三笘薫2

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。