【桜花賞】白毛の女王ソダシを脅かす新興勢力の台頭は? 前哨戦分析からひも解く(SPAIA AI競馬)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:SPAIA AI競馬

牝馬クラシック第1戦・桜花賞。4戦全勝で阪神JFを制した白毛馬ソダシが中心ではあるが、年明けのステップレースでは新興勢力の台頭が目立った。混戦模様の有力馬を参考レースを振り返りながら整理していく。

【桜花賞 2021予想】ソダシ、サトノレイナス出走予定!好データ揃いの1頭はどっち?(SPAIA編)

【阪神JF】
11月終盤から降水量0mmが続き、本レース時は含水率の低い高速馬場。ポジションによる有利不利はなかったが、軽いスピードが要求される馬場状態であった。レースはトップスタートを切ったヨカヨカの逃げで前後半3F34.9-34.4の平均ペース。阪神芝1600mらしい全馬が力を出し切れる競馬であった。

1着馬ソダシは好位差しでの勝利。心身ともに同時期の牝馬としては完成度が高く、素晴らしいレースセンスを見せた。大幅な上昇は見込みづらいが、今回も崩れることなく上位争いに加わる一頭だろう。ちなみに、カメラアングルの関係でゴール前で差し返したという論調が多々見受けられるが、正しくはサトノレイナスがギリギリで追いついた形だ。

2着馬サトノレイナスはルメール騎手が強気に出して行ったが、道中の行きっぷりや勝負どころでの反応を見るに1600mは少々忙しいか。直線では進路取りに苦労しておりスムーズなら本馬が勝っていただろうが、外を回して同じ脚を使えたかは微妙であったし、反応の良さがソダシの方が上手であった結果でもある。どちらかといえばオークス向きだろう。

4着馬メイケイエールは前走同様に馬群から離して折り合いに専念。ただ、やはり馬群に入れると暴走気味に掛かってしまい、ラスト1Fで大きく失速してしまった。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントは受け付けていません。