【阪神牝馬S】5年でディープインパクト産駒4勝、京都牝馬S上位馬が好走 覚えておきたいデータ(SPAIA AI競馬)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:SPAIA AI競馬

かつて阪神牝馬特別と呼ばれた阪神牝馬Sは、旧名時代から暮れの阪神開催で施行された。05年アドマイヤグルーヴの勝利を最後に春に移設、06年に新設されたヴィクトリアマイルの前哨戦になった。

【大阪杯 2021予想】コントレイルvsグランアレグリア データで見る2000m最強はどっちだ!(SPAIA編)

芝1400mで行われた15年までは本番とつながらないレースだったが、1600mに条件変更された16年以降、阪神牝馬S組はヴィクトリアマイルで【3-3-3-33】。5年連続で本番好走馬を出す主要ローテに変身した。そこで1600mに条件変更された16年以降5年分のデータを使用、阪神牝馬Sの傾向を考える。

1番人気は【1-1-1-2】。3着以内に入らなかったのは5回中2回。1勝にとどまっている点からも全幅の信頼は置けない。しかし勝ち馬は4番人気以内に限られ、5番人気以下の複勝圏内突入もまばら。春に組まれる中山牝馬Sや福島牝馬Sと比較すると、牝馬限定重賞としては上位人気馬が手堅い。背景にはヴィクトリアマイルを目指す実績上位馬が多いという点がありそうだ。

4歳【2-3-2-25】勝率6.3%、複勝率21.9%、5歳【2-2-0-19】勝率8.7%、複勝率17.4%の2世代が中心。これは納得だが、6歳【1-0-3-9】勝率7.7%、複勝率30.8%は要注意。6歳春は牝馬にとって引退のタイミングだからこそ、あえて現役続行、G2出走という意欲あふれる少数精鋭を見つけた場合は見逃したくない。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。