【女子ボクシング】メイウェザー級の神業! 天海ツナミ、完璧V3(BBM Sports)

出典元:BBM Sports

4日、大阪・堺市産業振興センターで行われたWBO女子世界ライトフライ級タイトルマッチ10回戦は、チャンピオンの天海ツナミ(36歳=山木)が、挑戦者の東洋太平洋同級王者でIBF2位の緒方汐音(32歳=寝屋川石田)から2回にダウンを奪い、終始圧倒。ジャッジ三者とも100対89のフルマークをつける判定勝利で、3度目の防衛に成功した。なお、WBOはかねてから女子ランキングを発表しないため、緒方の同ランクはない。

【試合写真】倒せなかったものの、攻防が冴えた天海ツナミ

「ストップとかのTKOではなく、ちゃんと倒して勝つKOをしたかった」。勝利者インタビューでうな垂れる天海。これだけ圧倒していたのだから──という、観客の意見もあろう。が、チャレンジャーの豊富な練習量と、この試合に懸ける想いを感じさせる心身のスタミナ、気迫を褒めたたえるべきだろう。

 それにしても、天海のディフェンスぶりは相変わらず惚れ惚れとさせる。いや、この日はいつも以上に魅せたように思う。それは、緒方のスピーディな連打があったからこそ。両腕を伸ばしてカットする。前後左右への体の“ずらし”でかわす。ノーガード状態でヘッドスリップ、スウェーバックでかわす。緒方のパンチが来るのを読み切り、数秒前からガードを上げて待っていることさえした。

 単発ブローをよけるのではなく、連打をすいすいとかわしまくるテクニックは、女性選手どころか、男性選手でさえも、なかなかできる芸当ではない。男女合わせても、国内ではトップクラスと断言してしまってよい。

 まるで、あのフロイド・メイウェザー(アメリカ)のパフォーマンスを見ているような感覚に誘われた。これはファンだけでなく、選手たちもぜひ見て、参考にしてほしい。

 天海は「ディフェンスに徹すれば、一発ももらわない自信がある」と、以前の取材で豪語していたが、この日はそればかりでなく、左フックのカウンター、右フックを何度も何度もヒットさせた。2回には、ロープを背負った状態から左フックをカウンタ―し、さらに右から左フックを決めて、緒方に尻もちをつかせた。その後も、同じような展開が延々と続いていった。

 手を出せばよけられまくり、カウンターを合わされる。普通なら、手を出せなくなる。が、緒方は速いテンポで最後までパンチを出し続けていった。信じられないスタミナ、精神力だ。終始、一方的な展開だったが、これではレフェリーは止められない。
 10回終了ゴングと同時に、緒方は気絶するようなかたちで天海にもたれかかった。疲労とダメージによって、天海に支えられなければ倒れ込んでいるような状態だったのだ。最後まであきらめない姿勢は、それもまた感動的だった。

 天海ツナミという選手の凄さを、さらに認識させられる試合だった。それを引き出したのはチャレンジャーの戦いぶりだった。天海には、もっともっと異次元の世界に向かってほしい。そして緒方には、決して引き立て役で終わってほしくない。一方的な展開だったものの、世界タイトルマッチにふさわしい、素晴らしい試合だった。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。