両者ともに譲れない京滋ダービー、京都ハンナリーズはウイング陣の働きがポイント(バスケットボールキング)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:バスケットボールキング

■京都ハンナリーズ vs 滋賀レイクスターズ(@京都市体育館)
第1戦:4月3日18時5分 第2戦:4月4日14時5分

河村勇輝がアシックスとアドバイザリースタッフ契約締結…「アシックスのシューズは夢の実現に欠かせない」

 終盤戦に入り新型コロナウイルスのまん延が不安視される中、今節では京都ハンナリーズvs滋賀レイクスターズの京滋ダービーが開催。今回の舞台はハンナリーズアリーナだ。

 前節は敵地で信州ブレイブウォリアーズと対戦した京都だったが、67-82で敗戦。相手の堅いディフェンスを前に終始思うような攻撃ができず、完敗とも言える内容で敗れた。第2クォーターで8-21とされると、試合をとおして16個のターンオーバーを犯し、アシストは40分間でわずか7。外国籍選手が揃って2ケタ得点をマークしたが、栗原ルイスに24得点を許してしまったのが誤算だった。

 滋賀戦へ向けては、単発の攻めが目立ったオフェンスの修正が必要。松井啓十郎、満田丈太郎、細川一輝らの得点はもちろんのこと、たとえ自らがスコアできなくとも、味方を生かすプレーで攻撃に潤いを与えたい。

 一方の滋賀は、前節のシーホース三河戦が中止となり1週間ぶりの2連戦。川崎ブレイブサンダースとの第29節では惜しくも勝利を逃したが、2日連続で相手を苦しめた。特に90点以上の失点が続いていたディフェンスでの成長が光り、川崎を連日70点台に抑えたことは収穫と言える。

 その原動力となったのが、前線からプレッシャーをかけ続け、第1戦では4スティールを奪ったキャプテンの狩俣昌也だ。京都戦でもアグレッシブなディフェンスでチームを6試合ぶりの勝利へ導けるか注目だ。

 第9節に行われた滋賀vs京都の対戦は1勝1敗で終了。今シーズン最後の京滋ダービーは、どちらに軍配が上がるか。白熱した2日間なることを期待したい。

文=小沼克年

■ロスター
・京都(ヘッドコーチ:小川伸也)
寺嶋良
會田圭佑
大庭岳輝
久保田義章
松井啓十郎
満田丈太郎
レイヴォンテ・ライス
石谷聡
細川一輝
ジャスティン・ハーパー
内海慎吾
永吉佑也
デイヴィッド・サイモン

・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
ジョナサン・オクテウス
村上駿斗
狩俣昌也
ジョーダン・ハミルトン
晴山ケビン
今川友哲
アンガス・ブラント
野本大智 ※特別指定
伊藤大司
頓宮裕人
前田怜緒

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。