風間俊介、アラサーシングル女性3人と共同生活を送ることになる怒とうの会話劇に挑戦 舞台「パークビューライフ」きょう開幕(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

俳優の風間俊介(37)が6日、東京・世田谷パブリックシアターで舞台「パークビューライフ」(7日開幕=作・岡田惠和、演出・田村孝裕)の公開稽古を行った。風間演じる孤独な人生を送っていた男性が、職を失った冴えないアラサーシングル女性3人と共同生活を送ることになる怒とうの会話劇。「人との接触、出会いが難しくなった今だからこそ。今を生きる皆さんに見ていただきたい」と力を込めた。

 倉科カナ(33)、中川翔子(35)、前田亜季(35)の3人との現場。男性キャスト1人という状況の風間だが、前田は「なじみきっている」と明かした。そのチームワークを発揮するべく、倉科は「私たちはエネルギーMAXで演じている。少しでも受け取っていただければと」と意気込んだ。

 この日の稽古前には、倉科が「昨日食べすぎて…」とYouTubeで“やせるダンス”の動画をみんなで見ていたという。風間は俳優として活動するが、ジャニーズタレント。中川が「踊らないジャニーズって言われるのに、キレッキレなんですよ」とダンススキルに驚き。風間は「ジャニーズの中では踊れない方。その集団にいると落ちこぼれだけど、ちょっと外にいくと『踊れんじゃん』っていう感じ」と少し照れくさそうに語った。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。