第3Qで流れをつかんだ川崎が三遠に連勝…ファジーカスは32得点18リバウンドを記録(バスケットボールキング)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:バスケットボールキング

4月4日、B1リーグ第31節が行われ、川崎ブレイブサンダースはアウェーで三遠ネオフェニックスと対戦した。

第1Qのヒースのダンクから流れをつかんだ川崎…100点ゲームで三遠に大勝

 川崎は序盤から、ジョーダン・ヒースのインサイドとニック・ファジーカスのアウトサイドを含む連続得点でスコアを伸ばす。信州に3ポイントシュートを許して一時は逆転されるも、篠山竜青のジャンプシュートとパブロ・アギラールのインサイドで再逆転し、19-16で第1クォーターは終了。

 第2クォーターにおいては、増田啓介と篠山がインサイドで得点し、またアギラールもセカンドチャンスから得点に成功。着実に得点を重ねていくことで逆転を許さず、40-33とリードを保ったままハーフタイムに。

 第3クォーターでも、川崎は優位な展開を築いていく。辻直人とアギラールのシュートが成功すると、辻はさらにバスケットカウントから3点プレー、3ポイントも沈めていき、川崎を勢いづかせた。またファジーカスと藤井祐眞も3ポイントを沈め、67-52と15点差で第4クォーターとなる。

 最後の10分間では、やや三遠のオフェンスに押されるかたちになった川崎。最終クォーター開始直後に3ポイントとファストブレイクで失点するも、ファジーカスのアウトサイドで応戦。1ケタ点差に詰め寄られるなど気が抜けない状況だったが、終盤にはファジーカスとアギラールが確実にフリースローを決め、87-77で勝利した。

 前日の100点ゲームに続いて白星を挙げた川崎は、ファジーカスが32得点18リバウンド6アシスト、アギラールが12得点11リバウンド3スティール、辻が10得点5アシストを記録した。

■試合結果
三遠ネオフェニックス 77-87 川崎ブレイブサンダース(@豊橋市総合体育館)
三遠|16|17|19|25|=77
川崎|19|21|27|20|=87

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。