リオ代表の長谷川涼香、200メートルバタフライは2分10秒87で全体2位通過…山岸琴美がトップ(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆競泳 日本選手権兼東京五輪代表選考会・第4日(6日、東京アクアティクスセンター)

 女子200メートルバタフライ予選で、長谷川涼香(東京ドーム)は2分10秒87の全体2位で同日午後の準決勝に進んだ。山岸琴美(ISC飯田)が2分10秒47でトップ通過した。

 長谷川は、4日に行われた100メートルバタフライで、優勝した池江璃花子(ルネサンス)に0秒41差の2位。個人での代表切符獲得を逃した。200メートルは、16年リオ五輪に出場した本命種目。同大会は9位で決勝に進めなかったが、五輪の借りを返す東京大会へ、確実に代表切符を勝ち取りたい。

 200メートルバタフライの準決勝は6日午後6時20分、決勝は7日午後5時16分から行われる。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。