【バレー】久光とNEC、埼玉上尾とJTが優勝懸けて一騎打ち〈V Cup見どころ〉(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

2月21日(日)にV・ファイナルステージが終了し、JTマーヴェラスが優勝でリーグを締めくくったバレーボールV.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子)。リーグが終了した翌週から、「2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN V Cup」と題し、V1リーグの12チームで順位を争う第2のリーグ戦が幕を開けた。

【写真】優勝に迫る久光スプリングスの井上愛里沙や、JTマーヴェラスの柴田真果、和田由紀子ら新進気鋭の若手選手たち

 この大会には、東京オリンピックへ向けた代表活動のためにチームを離れる日本代表選手たちは基本的に参加しない。そのため、同じチームとはいえリーグとはその顔ぶれが大きく変わり、観戦する側も、フレッシュな気持ちでもう一度リーグを楽しむことができる。

 3月27日(土)~28日(日)のファイナルラウンドまで、4週にわたり開催されるV Cupでは、まず、全12チームを2グループに分け、1回戦総当たりによる予選ラウンドが行われる。ファイナルラウンドでは、各グループの上位2チームによるセミファイナルが実施され、その勝者がファイナルに進出。敗者が3位決定戦を行うことで最終順位が決定される。

 日本代表選手たちの存在に刺激を受けながら、日々、技を磨いてきた選手たちがその成果を発揮する舞台、V Cup。代表活動で主力選手たちがチームを離れる中、V.LEAGUEでも活躍を見せた選手はもちろん出場機会が限られていた中堅選手や若手選手など、スターの原石たちがコートで躍動する姿に注目だ。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。