【ドバイ】今夜いよいよ発走!クロノジェネシスは順調な調整、ライバルのモーグルもさすがの雰囲気を醸し出す(SPAIA AI競馬)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:SPAIA AI競馬

日本時間では今夜に迫ったドバイワールドカップデー。日本からはサウジアラビアからの転戦組も含め、12頭が出走する。今回は決戦前日、3月26日(金)早朝の調教風景を写真とともに紹介していく。

日本馬は基本的に早朝5時スタートの組で調教を行っている。この日最初に登場したのは加藤征厩舎のタケルペガサス(UAEダービー)とデュードヴァン(ゴドルフィンマイル)の2頭だった。

その後続々とコースに姿を見せてダートコースでキャンターを行う。レッドルゼルは外ラチ沿いをリラックスして周回。ヴァンドギャルド(ドバイターフ)はレース前日ながら、バルザローナ騎手が騎乗して感触を確かめる。

クロノジェネシス(ドバイシーマクラシック)は連日馬場入りし、じっくりと順調に乗り込まれている印象を受ける。ドバイの環境に馴染んでいるのか、馬の表情も良さそうに感じた。

サウジダービーに続く勝利を狙うピンクカメハメハ(UAEダービー)も順調そうな様子。コースサイドからは森調教師も穏やかな顔で見守っていた。調教終了後は同厩舎のマテラスカイ(ドバイゴールデンシャヒーン)と大久保厩舎のチュウワウィザードとともに3頭一緒に引き上げていった。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。