【ラグビー】弱小高校からHonda HEATへ。筑波大卒のWTB山本悠翔は自分の可能性を信じる(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

【広告】漢方ハーブシャンプー

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のハーブシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

山本悠翔(ゆうぞう)は3月25日に筑波大の卒業式を終えた。
 次のステージでもラグビーを続ける。翌日にはHonda HEATのある三重県鈴鹿市へ向かった。

 大学ラグビー界で見ても決して名の通った選手ではない。筑波大で対抗戦、大学選手権に出たのは計7試合。うち5試合がリザーブでの出場で、4年時は立大戦のみだった。
 それでもホンダは山本の加入を決めた。リクルーターの向久保孝さんは山本のチャレンジャー精神を高く評価する。

 トップリーグ昇降格を繰り返していたホンダは、2季前に最高位となる9位まで這い上がった。その姿が山本と重なった。

 山本は大阪の刀根山高校出身。小中はクラブチームでサッカーをしていた。そのままサッカー部に入るのが既定路線だったが、それまでとの温度差を感じて入部を辞めた。
 5月まで「ふらふらしている」と、当時ラグビー部の顧問だった鈴山大陽(ひろあき)先生に捕まる。ここで楕円球と出会った。

 部は合同チームが続いていたが、山本の代に12人が入部。卒業してからまた合同チームに戻るが、3年間は単独チームだった。

 もっとも大阪府予選を勝ち抜けるような強さはない。けれど、鈴山先生は山本をやんちゃ坊主からラグビー選手に育て上げた。
「誰の言うことも聞けない、常に怒られてるようなやつでした。でもラグビーを通して変われた。親にも『ラグビー始めてから変わったね』と言ってもらえました」

 大学はそんな恩師の母校である筑波大を目指し、1年の浪人期間を経て入学した。

 1年時は「闇の1年」と表現するほど苦悩した。一番下のチームからスタートしたが、その中でも「何をしてもうまくいかなかった。練習にも行きたくなりました」。

 転機となったのは10月に負った膝のケガだった。「リハビリの間、自分に足りないものとか、上を目指すために何が必要かを考えました」。
 そこで入学時に「ごぼう」と形容された184cm、76kgのウイングは、体重を6kgほど増やした。
「ケガが治った時に体力もさほど落ちてないし、スピードはむしろ上がった」

 気づけば仲間と当たっても負けない体になっていた。2年時の春季大会初戦から一気にAチームまで昇格。先発で出場してトライも決めた。

 そのまま対抗戦もデビュー。大学選手権の大東大戦では先発で80分間、グラウンドに立った。「全然うまくいかなかったけど、大きな舞台でプレーできたことは財産です」。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。