【ラグビー】トップリーグ、第5節はここを見る。日豪“異種”SO対決が鍵握るリコー対キヤノン、全勝決戦のトヨタ自動車対サントリーに注目!(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

各チームが7試合を戦う今季トップリーグ、3月26日から28日の3日間かけて開催される第5節。ラグビーリパブリック/ラグビーマガジン注目のカードはこの二つ。

◆3月27日(土)12時@東京・秩父宮
リコーvsキヤノン

◆3月27日(土)14時@愛知・パロ瑞穂ラ
トヨタ自動車vsサントリー

【日豪“異種”SO対決に注目! リコーvsキヤノン】

 今季、リコーの奮闘が光る。ヤマハ発動機から10年ぶり勝利(23-22)、NTTドコモには5点差(17-22)、神戸製鋼には1点差の惜敗(19-20)、1勝3敗という数字以上の充実した内容だ。

 集中が切れず、諦めない。象徴的なのは、第4節神戸製鋼戦でのディフェンス。後半の中盤、神戸製鋼CTBラファエレ ティモシーが約30mを走り、3人を振り切り1人を弾くも、元マオリ・オールブラックス201cmのジェイコブ・スキーンがゴールライン上で追いつき、左腕を差し込みトライを阻止した。今季のリコーは、執拗なディフェンスを80分間繰り返す。

 4戦目にして今季初勝利を手にしたキヤノン。田中史朗、キャプテン田村優らキャップ保持者の移籍組、エドワード・カーク、ホセア・サウマキら元サンウルブズ勢、南ア代表46キャップのジェシー・クリエルなど、経験豊富なメンバーが揃う。ジャパンの躍進を支え、サントリーで結果を残した沢木敬介監督の手腕が、ここに来て実を結び始めている。なお、ジャパンで大活躍してきたNO8アマナキ・レレイ・マフィの電撃移籍も発表され、さらなる戦力充実が期待されている。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。