【ラグビー】トンガの「親善大使」。ニリ・ラトゥ、100キャップ達成までの言葉。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

筋骨隆々でスキンヘッドの39歳は、水浸しで、瞳もうるませているように映った。
 
 3月21日、東京の秩父宮ラグビー場は雨模様だった。日野のNO8としてプレーしたニリ・ラトゥが、国内トップリーグで史上87人目となるリーグ戦通算100試合出場を果たした。他国代表のジャージィを着た選手の達成者は、元オーストラリア代表でパナソニックのヒーナン ダニエルに続き2人目だ。

 試合は2021年シーズンの第4節。相手は2007年から8季在籍のNECだった。

 10-7。

 記念すべき日を勝利で飾ったラトゥは、殊勲者に贈られるマン・オブ・ザ・マッチも得た。

「私は日本での多くの時間をNECで過ごしました。NECも、日野も家族の一員です。過去にチームメイトとしてプレーした選手を敵として迎えたのは特別です。対NECで100キャップを達成…特別中の特別という気分です」

 空が荒れると肉弾戦が増える。もともとぶつかり合いを好むラトゥは、この午後も衝突に衝突を重ねた。

 前半35分頃、抜け出したSHのオーガスティン・プル共同主将をサポートする。プルの持つボールへ、相手FLの亀井亮依共同主将がジャッカルを仕掛ける。そこへニリが加速して当たる。引きはがす。

 対する亀井もこの時を前後し、ラトゥら日野のランナーへ低く刺さり続けた。NECの緑のジャージィに縁のある者同士の戦いは、公式入場者数「865人」というスタンドに熱波を届けたか。

「近場での接点ではさすがだなと思う部分も、自分から仕掛けられた部分もあった。…いい試合ができました」

 亀井がこう言うと、ラトゥは簡潔に応じる。

「フィジカリティ性の高い試合になると想定していました。求めるものを手にするには、自分の目の前にいるものにぶつからなくてはいけない」

 発する言葉も印象的だ。

「NECにいた頃はお前を殺してやろうかと思っていたけど、(仲間になった)いまは家族のように思っているよ」

 ラトゥは日野に加わった2018年、当時サントリーから同部に移籍していた佐々木隆道(現 キヤノンFWコーチ)へこう微笑んでいる。

「サントリーは強豪チームで、彼(佐々木)がリーダーシップを取っていたのでね。(日野では)彼らの手助けをしたい」

 2007、15年のワールドカップでは、母国トンガ代表の主将を務めた。チームメイトをしばし「家族」と表すのは、故郷で血縁者を重んじる文化に染まってきたからかもしれない。

 右腕のタトゥには、太陽、波、魚、ハイビスカス、ココナッツの葉で作ったカーペットと、生まれ育ったナルファニフォという土地に関する柄を並べる。

「自分の歴史、生活様式を身にまとって、世界を旅する。そこにプライドを持っています」

 日野へ来る前の3シーズンは、イングランドのニューカッスル・ファルコンズで働いていた。NECとの契約延長が叶わなかったからだが、渡英すれば同部の加盟するプレミアシップでの順位を11、8、4位と引き上げた。

 だから新興チームの日野へ来る際、この言葉に説得力をにじませたものだ。

「チームを去る時は、私が入る以前よりも強くしてから去る」

 ラトゥは日野で、外国人グループのお目付け役も担ってきた。多くのトンガ人留学生が来日してきた歴史を踏まえ、「日本が多くのトンガ人を受け入れてくれてありがたく思います」。全ての後輩たちへ、かようなメッセージを送るのだった。

「トンガ人選手には、自分がトンガの親善大使なのだという意識でいて欲しい」

 昨季、ニュージーランド人の元同僚がチームを去らなくてはいけなくなった。ニリは告白する。

「日野は、ご存じの通りいろいろありまして、私も引退を考えていました」

 いまフィールドに立っているのは、NECで「家族」としてともにフィールドに立った箕内拓郎ヘッドコーチから「もう1年」と慰留されたからだ。

「100キャップを達成するには、信頼を得るような練習を通してのパフォーマンスが必要でした。また箕内ヘッドコーチがいなければ私の記録は達成しえなかった。彼への感謝の気持ちは強いです」

 縁のある人のために身長183センチ、体重104キロの肉体を酷使するラトゥ。試合後の控室エリアでは、日野の外国人選手によるハカで祝福された様子。さらに両軍の選手から、花束や好物の「ケンタッキーフライドチキン」を受け取ったようだ。

「これだけ長くプレーできる秘訣はケンタッキーです。これを食べることで長い時間、元気にやれているところがあります。…今度、私のスポンサーについてくれないかな」

 タフで忠誠心の強く、グラウンドを離れれば朗らかなトンガの「親善大使」。28日には大阪・東大阪市花園ラグビー場でのNTTドコモ戦で、今季3度目の出場を目指す。

(文:向 風見也)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。