【巨人】秋広優人、カーブ打ち2号「変化球を打てて良かった」今永からも安打で猛打賞(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆イースタン・リーグ DeNA0―5巨人(31日・平塚)

 巨人のドラフト5位・秋広優人内野手(18)が31日、イースタン・リーグのDeNA戦(平塚)で今季2号ソロを含む猛打賞をマークした。2点リードの5回2死、育成・石川のカーブを右翼スタンドに放り込み「今まで変化球が打ててなかったので、その変化球を打てて良かったです」とうなずいた。

 初回には今永から左前安打、9回には三上から右越え適時二塁打を放ち、5打数3安打2打点。今までは打ちたいという気持ちが強く当てにいくバッティングになっていたが、阿部2軍監督から「打てるボールをしっかり選んで」とアドバイスをもらった。振り切る意識を持ち結果を残した。

 今永、三上ら1軍レベルの投手を攻略。「1軍で活躍される方からヒットが打てたのは自信になる」と、さらなる飛躍を誓った。

【広告】


コメントは受け付けていません。