第2Qを10点に抑えた北海道がA東京に勝利…メイヨが37得点と大車輪の活躍(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

3月28日、各地でB1リーグ第29節が行われ、レバンガ北海道はアウェーでアルバルク東京と対戦した。

宇都宮が三遠に32点差大勝…ロスター全員が得点した宇都宮が首位独走

 第1クォーター、立ち上がりから北海道がオフェンスで仕掛け、中野司の2本の3ポイントシュートもあり10-3のランに成功する。その後は点の取り合いとなるも、残り2分に多嶋朝飛のジャンプシュートから流れに乗り、ニック・メイヨの得点で一歩抜け出し、25-21とリードを得て第2クォーターへ。

 続く第2クォーターは葛原大智の得点で北海道が先行し、ジャワッド・ウィリアムズや中野もそれに加勢する。終盤にはメイヨがさらに得点を重ね、守ってはA東京の得点を10点に抑え込み、49-31と17点リードでハーフタイムへ。

 迎えた第3クォーター、メイヨが早々に得点を20点にのせると、北海道はメイヨやジョーダン・テイラーが中心となって点差を広げる。北海道は追いすがるA東京のデション・トーマスらに活躍を許しながらも、第3クォーター終了間際のウィリアムズの3ポイントシュートで20点差をつけることに成功し、71ー51で最終クォーターへ。

 第4クォーターはA東京のトーマスに得点を許し、点差を詰められるも、メイヨが得点を30点にのせてA東京を寄せつけない。メイヨの活躍で勢いづく北海道はウィリアムズ、多嶋らが得点して流れを維持し、リードを譲ることなくタイムアップ。96-79と北海道が同地区上位チームに対し大きな1勝を挙げた。

 北海道はメイヨが37得点13リバウンドと大車輪の活躍。また、ジャワッド・ウィリアムズが15得点7リバウンド、ジョーダン・テイラーが14得点と勝利に貢献した。一方、A東京はデション・トーマスが29得点、ケビン・ジョーンズが18得点9リバウンドと活躍を見せたが、相手ディフェンスに阻まれ、土をつけられる結果となった。

■試合結果
レバンガ北海道 96-79 アルバルク東京(@アリーナ立川立飛)
北海道|25|24|22|25|=96
A東京|21|10|20|28|=79

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。