【中日】愛知出身の俳優・佐藤二朗が始球式…背番号ジローだけに「260」なお球速は66キロ(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ公式戦 中日―巨人(30日・バンテリンドーム)

 ナゴヤドームから名称が変更された本拠地・バンテリンドームナゴヤでの2021年開幕戦の始球式に、愛知県出身の俳優・佐藤二朗(51)が登場した。

 幼少期から大の中日ファン。投球前には大好きだったというOB鈴木孝政氏から指導を受け、その鈴木氏のモノマネをしながら投球した。ワンバウンドで捕手のミットに届き、球速は66キロ。

 大役を終えるとスタンドから大きな歓声を受けた。

 佐藤は以前「愛知県に生まれ育った僕は父親の影響で幼い頃からドラゴンズファンでした。その頃の選手は、皆さん引退されていますが、たくさんの熱をもらったかつての選手や、これから熱をもらう今の選手を思いながら、2021年・名古屋開幕の第1球目を投じたいと思います」と意気込んでいた。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。