【西武】今季1号を放った直後の山川穂高にアクシデント 先制2ラン後にまさかの途中交代(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆日本ハム―西武(30日・札幌D)

 西武の山川穂高内野手(29)が今季1号を放った。

 0―0の初回2死三塁、西武ファンが待つ右翼席ギリギリに先制2ランのアーチを描いた。歓喜に沸くスタンドだったが、直後に悲鳴が上がった。打球を横目に一塁をまわった山川が、いきなり足を止めた。詳細は不明だが、打球がスタンドに着弾するのを見届けると、足を引きずりながら、ホームまでを歩みを進めた。

 山川はそのままベンチに引き下がり、「4番・一塁」には山田が入った。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。