【広島】森下暢仁、今季初登板で6回1安打無失点 先制点得て満面笑みのガッツポーズ(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 広島―阪神(30日・マツダスタジアム)

 広島の森下暢仁投手(23)が今季初登板で6回1安打無失点と好投した。

 0―0の4回、先頭の糸原に左前打、続くマルテに四球を与えるなど1死満塁のピンチを招いたが、ドラフト1位の佐藤輝を152キロの直球で空振り三振、梅野を二ゴロに仕留め先制点を許さなかった。

 昨季は阪神戦4試合に登板し、3勝0敗、防御率2・25と好相性。今季も虎キラーぶりは健在で、6回まで100球を投げ、7三振を奪うなど隙を与えず1安打無失点でマウンドを降りた。

 6回の攻撃で1死二塁から菊池涼が左前適時打を放ち、先制点。勝利投手の権利を得た昨季の新人王右腕は、満面の笑みでガッツポーズした。

【広告】



コメントは受け付けていません。