【U24日本代表】2得点のDF板倉滉「東京五輪で金メダル以外は取りたくない」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆国際親善試合 ▽U―24日本 3―0 U―24アルゼンチン

 U―24日本代表のDF板倉滉=フローニンゲン=が同アルゼンチン代表戦で2得点を奪い、勝利に大きく貢献した。中2日で強豪との2試合を勝ち越し、「東京五輪で金メダル」と改めて目標を口にした。

 26日の試合はセンターバックで出場し、0―1で敗戦。この日はボランチとしてMF田中碧(あお、川崎)とコンビを組んだ。試合中から声を掛け合って攻守にはっきりとした共通意識を持って臨み、「行くところ行かないところ、球際も前の試合に比べて集中してできた」と前回の反省を生かした実感があったようだ。

 板倉は後半23分、同28分とMF久保建英(ヘタフェ)が蹴ったCKで立て続けにヘディングを決めた。「毎試合、いいボールが入ってくるので、2つゴールにつなげられて良かった」と自身も驚いた連続弾を喜んだ。

 アルゼンチン代表は、過去2度の五輪優勝の経験を持つ相手。この2試合で課題と収穫を得て「僕自身ずっと言っていますけど、とにかく東京五輪で金メダル以外は取りたくない。個々でレベルアップして集まれればいい」と、本大会を見据えていた。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。