男子複連覇の渡辺が日本勢初の全英2冠、1年2カ月ぶり国際戦の桃田は敗退(J SPORTS)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:J SPORTS

歴史ある大会の最終日、出場選手のリストは日の丸だらけとなった。バドミントンの全英オープンは21日に全日程を終了し、男子ダブルスの遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)が、同種目では日本勢初となる連覇を達成した。また、渡辺は東野有紗(日本ユニシス)と組む混合ダブルスでも3年ぶり2度目の優勝を果たし、日本勢としては初となる同一年で2冠の快挙となった。渡辺は「すごく嬉しい大会になった。(国際大会での2種目優勝の)最初の経験。勝ち切ることが最大の目標だし、達成できて素直に嬉しかった」と喜んだ。1989年、90年に男子ダブルス、混合ダブルスの2種目制覇を果たしている元韓国代表の朴柱奉ヘッドコーチも「パフォーマンスも結果も本当に素晴らしかった。男子ダブルスでファイナルゲームまで戦って、混合ダブルスでフィジカルが大丈夫か心配したが、最後まで元気で2種目優勝ができた。日本人では初めて。(歴代優勝者の名が刻まれる)トロフィーで、私と渡辺の名前を確認しました」と話し、賛辞を惜しまなかった。
女子シングルスでは奥原希望(太陽ホールディングス)が16年以来5年ぶり2度目の優勝。女子ダブルスは、松本麻佑/永原和可那(北都銀行)が、前回女王の福島由紀/廣田彩花(丸杉ブルビック)との決勝戦をストレートで制して初優勝を飾った。この種目では、24年パリ五輪を目指す志田千陽/松山奈未(再春館製薬所)もベスト4と健闘した。日本勢は、世界ランク1位の桃田賢斗(NTT東日本)が準々決勝で敗退した男子シングルスを除く5種目中4種目で優勝。ダブルス3種目は決勝戦が同国対決となり、活躍が目立った。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。