監督解任のレスター、岡崎恩師を招聘か…バイエルンも狙う大物をトップターゲットに(GOAL)

レスター・シティが新監督に元ドルトムントのトーマス・トゥヘルを招聘しようと画策しているようだ。『ESPN』が報じた。

日本代表美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!特別編【46枚】

レスターは17日、クレイグ・シェイクスピア監督を解任。前日にウェスト・ブロムウィッチと1-1で引き分け、降格圏に沈んだことによる決断であった。当面はアシスタント・マネージャーのマイケル・アップルトン氏が暫定監督となり、21日のスウォンジー・シティ戦でも指揮を執る。

『ESPN』によれば、レスターは元ドルトムントのトゥヘル招聘を目指しているという。トゥヘルといえば、昨シーズンまでドルトムントを指揮し、2009年から2014年まではマインツを率いて岡崎慎司を指導した経験もある。そこで岡崎はエースとしてゴールを量産し、イングランドへと渡った。

一方で、『スカイスポーツ』は2015年までレスターを率いていたナイジェル・ピアソンが後任になると報道。同氏は現在、ベルギー2部のOHルーヴェンを指揮している。

コメントを残す