【西武】森友哉「打てる捕手」返り咲きへ由伸斬り1号&高橋光成好リード 開幕戦白星もたらす(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆パ・リーグ 西武4―3オリックス(26日・メットライフドーム)

 詰めかけたファンへ、復活を誓う一発を披露した。森がフルスイングで放った打球は右翼席へ着弾するチーム1号ソロ。攻守で存在感を放ち、開幕戦白星をもたらした。

 2―0の3回1死、オリのエース・山本の145キロカットボールを捉えた。腕をたたみながら内角球をさばく、技ありの一発でリードを広げた。今季初安打を本塁打で飾り、大拍手を背にダイヤモンドを一周。「昨年悔しい思いをした。いい形で1本出て、ホッとしている」と安どした。

 目指すのは「打てる捕手」への返り咲き。この日は、初の開幕投手を務めた高橋が5回まで無失点に抑えていた。好リードにも「自分はまだまだ勉強しないといけない」と満足はしてないが、持ち前の打棒で援護。若き司令塔は、リベンジに燃える8年目のシーズンへ弾みをつけた。(森下 知玲)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。