【センバツ】明豊が2年ぶり2度目8強…市和歌山の最速152キロ右腕・小園から決勝点もぎ取る(スポーツ報知)

【広告】漢方ハーブシャンプー

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のハーブシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

出典元:スポーツ報知

◆第93回センバツ高校野球大会第7日 ▽2回戦 明豊2―1市和歌山(26日・甲子園)

【一覧表でさらに詳しく!】センバツの球速ランキング

 明豊(大分)が市和歌山を下し、2年ぶり2度目の8強入りを決めた。

 同点で迎えた7回、中前打と犠打などで2死三塁から代打・竹下聖人一塁手(2年)が、外の変化球に食らいつき三遊間を破る左前適時打。5回からリリーフ登板した市和歌山のドラフト上位候補で最速152キロ右腕・小園健太(3年)から、貴重な1点をもぎ取った。

 市和歌山はMAX146キロ右腕の米田天翼(2年)が先発。4回に明豊の米田友三塁手(3年)が右越えソロを放ち先制。それでも市和歌山は、5回からリリーフした小園が流れを引き寄せ、6回2死二塁から松川虎生捕手(3年)の中前適時打で同点に追いついていた。

 1回戦で県岐阜商を4安打完封した小園だったが、2試合14イニングを投げ7安打1失点、13奪三振。惜しくも2回戦で姿を消した。

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。