渡部豪太 アバター初挑戦に驚がく「球体に入って、50台以上のカメラがバシャバシャバシャ」(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

俳優の渡部豪太(35)が26日、都内でファッションブランド「O0u」(オー・ゼロ・ユー)のアンバサダー就任会見を行った。

 同ブランドは、使用済みのペットボトルやプラスチックなどを再利用して衣服を製造。サステナブル(持続可能)な素材や製造技術にこだわるブランドとして31日に設立される。渡部は「3DCGアバターモデル」第1号に就任。映像内のモデルとしてブランドの衣服を着用する。

 アバターは渡部を球体の中に入れ、全面にある50台以上のカメラで「バシャバシャバシャ…」と大量に撮影。「渡辺豪太がデータとして保存された。すごい技術に立ち会った」と振り返る。

 出来上がったCGを実際に見ると「あ、自分だと思った」。踏んだことのないランウエーをモデルの様に歩く自分を目の当たりに。「彼が踊り出すことも芝居もできる。歌でデュエットできるかも知れないし、一緒にお酒も飲めるかな」と夢見ていた。

 自らもリサイクル意識は高く持っており、魚屋や豆腐屋へは自前の容器を持参。水筒も持ち歩き、外出先の店で「水道の水でいいのでくんでくれますか?」と頼み、補充しているという。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。