クリッパーズがラジョン・ロンドを獲得、ルー・ウィリアムズはホークスへ(バスケットボールキング)

出典元:バスケットボールキング

3月26日(現地時間25日)にトレードデッドラインを迎え、複数のトレードが成立。数多くの選手が移籍することとなったが、ロサンゼルス・クリッパーズとアトランタ・ホークスの2チームがトレードに合意した。

昨季のイースト覇者ヒートが元オールスターのビクター・オラディポの獲得に成功

 このトレードでクリッパーズはラジョン・ロンドを獲得し、ホークスはルー・ウィリアムズと2巡目指名権2つ、金銭を得た。

 カワイ・レナードとポール・ジョージという2大エースが君臨していたものの、プレーメーカー不足に悩んでいたクリッパーズが待望の選手を獲得した。ロンドは現在35歳で、185センチ82キロのポイントガード。ボストン・セルティックス、ロサンゼルス・レイカーズで優勝を経験し、今シーズンからホークスでプレー。ここまで27試合の出場で1試合平均14.9分3.9得点3.5アシストと軒並みキャリアワーストとなる数字を記録しているが、そのプレーメイキング能力は健在で、クリッパーズに合致する選手といっていいだろう。

 クリッパーズは29勝16敗でウェスタン・カンファレンス3位に位置している。強豪ひしめくウェストで勝ち抜くことは容易ではないが、ロンドという最後のピースを得て悲願の優勝を狙う。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。