センバツ初戦敗退北海に巨人・鍵谷からプロテイン…エース木村鍛え直す(スポーツ報知)

【広告】漢方ハーブシャンプー

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のハーブシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

出典元:スポーツ報知

第93回センバツ高校野球大会(甲子園)で初戦敗退した北海が25日、札幌市内の同校グラウンドで始動した。19日の開幕戦で神戸国際大付(兵庫)に延長10回の末、2―3でサヨナラ負け。9回1/3を146球、11安打3失点と力投したエース左腕・木村大成(3年)は「夏にまた出たい」と春夏連続出場を誓った。

 粋なプレゼントで奮起した。OBの巨人・鍵谷陽平投手(30)からプロテイン30キロが届いた。同期でバッテリーを組んだ立島達直部長(30)は「試合の次の日にもう送ってくれました」。最新のプロテインを手にした木村は「体作りをしっかり、というメッセージだと思います。甲子園で結果を残せなかったので夏こそリベンジしたい」と先輩からのエールを感じとった。

 チームは21日までに帰道、雪割りなどのグラウンド整備と今年初めて同校の土の上で練習した。映像で接戦を見返した木村は「甲子園で投げるのを楽しみにしすぎて舞い上がった。自分が思うスライダーを1球も投げられなかった」と反省。初戦突破していれば、この日は2回戦。仙台育英―神戸国際大付戦をテレビ観戦し「悔しさが増しているし、力不足だったなと感じる。平常心で投げるように精神面を鍛えていきたい」。名門校がリベンジに向かって動き出した。(西塚 祐司)

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。