17歳望月慎太郎はツアー初勝利ならず「戦える実感」テニス・マイアミOP(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:スポーツ報知

◆マイアミ・オープン第3日(25日・米フロリダ州マイアミ) ▽男子シングルス1回戦 コキナキス(オーストラリア)6―3、6―3望月(Team YUKA)

 世界ランク654位の望月慎太郎(17)=Team YUKA=は、同243位タナシ・コキナキス(24)=オーストラリア=にストレート負けした。得意のネットプレーポイントを取るなど持ち味は出したが、ロジャー・フェデラー(スイス)にも勝利したことのある相手に屈した。「相手の方がパワーだったりが上だった。こういう相手ともしっかり戦えることは実感した」と話した。

 主催者推薦で出場権を得た予選を勝ち上がった本戦1回戦は「最初は緊張はして固くなった」という。相手のミスもあり、最初のゲームで0―40のチャンスを得た。サービスエース2本もありしのがれ、第4ゲームではピンチでダブルフォルトを犯し先にブレイクを許し、第1セットを落とした。

 第2セットも第1ゲームで先にブレイクされたが、チャンスで思い切ってネットを取り、すぐにブレイクバック。ダブルフォルトも絡み4ゲーム連取されたが、2―5の第8ゲームで意地を見せた。リターンエースを決めてこの試合2度目のブレイクに成功。「後悔はない。やってることは間違ってなかったと思う」と力は出し切った。

 錦織圭(31)=日清食品=と同じ米IMGアカデミー育ちで、19年ウィンブルドン・ジュニア選手権で優勝した逸材。ツアー2大会目がマスターズ大会で「同じ会場にトップ選手が一緒にいるのが変な感じだった。ここにいて、とても楽しかった」という雰囲気も味わった。実際に4大大会に次ぐ格の舞台で、予選2試合を戦い、本戦に出たことは「自信になった」と大きい。「スコアは3―6、3―6だったがチャンスもあった。しつこさや勝負への執着は、気持ちの面でも、テニスの面でも、もっとレベルアップしていかないと」。全ての経験を糧に、まずはツアー初勝利を目指す。

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。