大阪が追いすがる滋賀を引き離して勝利…ニュービルがトリプルダブルに迫る活躍(バスケットボールキング)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:バスケットボールキング

3月24日、各地でBリーグ第28節が行われ、大阪エヴェッサは滋賀レイクスターズと対戦した。

苦境が続く滋賀レイクスターズ、同地区上位の大阪エヴェッサを破って今年ホーム初勝利を届けられるか

 試合の主導権を先に握ったのは、滋賀。ジョーダン・ハミルトンや晴山ケビンの3ポイントシュートが立て続けに決まり、リードを広げる。それでも大阪は慌てることなく徐々に点差を縮め、21-22で第1クォーターを終える。続く第2クォーター、伊藤達哉のレイアップで25-24と逆転する。その後は一進一退の攻防が続くが、終盤に得意の速攻を絡めた早い展開で得点を量産し、一気に点差を広げることに成功。39-49と10点をリードして試合を折り返す。

 リードを保って迎えた第3クォーター、互いに得点を奪い合う中、大阪が終盤に点差を15点まで広げるが、終了間際に反撃を許して68-57で終える。勝負の最終クォーターも前クォーターの勢いのまま滋賀に攻め立てられ、残り3分3秒で78-73と5点差まで詰め寄られてしまう。それでも大阪は慌てることなく試合を進め、強みである速攻から得点を奪って引き離すことに成功。結局90-75で試合が終了し、今シーズン28勝目を獲得した。

 大阪はディージェイ・ニュービルが22得点9リバウンド8アシストとトリプルダブルに迫る活躍を披露。ギャレット・スタツは13得点10リバウンドでダブルダブルを記録した。敗れた滋賀は、5選手が2ケタ得点を挙げたものの、頼みの綱であるハミルトンが6得点にとどまった。

■試合結果
滋賀レイクスターズ 75-90 大阪エヴェッサ(@ウカルちゃんアリーナ)
滋賀|22|17|18|18|=75
大阪|21|28|19|22|=90

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。