【フィリーズレビュー】シゲルピンクルビー、ヨカヨカが桜戦線に再浮上 本番も激走間違いなしの根拠とは(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

同日アネモネSとともに桜花賞への最終切符をかけたトライアルレースは、今年も25頭がエントリー、オープン馬は8頭、1勝馬17頭が10頭分の抽選に挑んだ。除外馬7頭のうち、ベッラノーヴァとスマイルアモーレがアネモネSに再投票した。生涯一度きりの桜の舞台、その道のりは過酷だ。

【フィリーズレビュー 2021最終予想】枠順であの馬が大ピンチ!?(SPAIA編)

フィリーズレビューで優先出走権を獲得したのは1着シゲルピンクルビー、2着ヨカヨカ、3着ミニーアイルの3頭。さあ、このなかに桜花賞で勝負になりそうな馬はいるだろうか。

レースの主導権を握ったポールネイロンは、後続のプレッシャーも厳しく、3コーナー手前まで鞍上が促し気味。コーナーでようやく息を入れる態勢をつくるも、前半600mは12.1-10.5-11.1で33.7。こういった急流は、フィリーズレビューでは発生しがちで、スローペースが多いチューリップ賞とは対照的である。4コーナーでは外からスティクスが進出し、急流に食らいつく馬と耐え切れない馬が交ざりあった。

桜の舞台を目指すカオスな状況からヨカヨカがいち早く飛び出した。阪神JFでも逃げて見せ場十分だった実力馬が、九州産馬初のGII制覇(ゴールドイーグルのマイラーズC、サンケイ大阪杯はグレード制導入前)を目指して先頭へ。

シゲルピンクルビーは道中インに潜み、直線に向いて、ゴチャつきを交わしながら前に並ぶ馬たちの外へ出した。好発から馬群に入り、脚をため、直線で待たされる形になったことが幸いし、ヨカヨカを捕らえた。

半姉シゲルピンクダイヤは、古馬になりゲート入りを嫌がるなど気難しさを見せるが、3歳時はチューリップ賞、桜花賞連続2着の桜血統。姉と同じ渡辺薫彦調教師、和田竜二騎手のコンビで勝ったシゲルピンクルビーは、姉の雪辱を果たせるだろうか。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。