【ファルコンS】ハイペースだが差し有利ではなかった一戦 次走以降で狙える馬は?(SPAIA AI競馬)

出典元:SPAIA AI競馬

3月20日に中京競馬場で行われたのがファルコンS。朝日杯FSの勝ち馬がこのレースを始動戦に選ぶのは初の出来事で、グレナディアガーズがどのような走りを見せるのか、という点に注目が集まった。単勝オッズは最終的に1.8倍。これに続くのが京王杯2歳S勝ち馬モントライゼ、3番人気はシンザン記念2着のルークズネストだった。

【阪神大賞典・スプリングステークス 2021予想】データ上はアリストテレス1択だが…?(SPAIA編)

前走未勝利勝ちのラングロワか、朝日杯で暴走気味の逃げとなってしまったモントライゼがハナかと想定される中、最内枠を利して逃げの手に出たのは意外にもルークズネスト。前走は中団10番手からの競馬だったが、なるほど未勝利戦を勝った際は2番手からの抜け出しだった。

1番人気のグレナディアガーズは好位の外、2~3番手あたりを追走。モントライゼは意識的に控えて折り合いを重視する形。

前半600m通過は33.7秒。後半が35.0秒だから、数字上は間違いなくハイペース。ルークズネストは4角までじっくりと息を入れ、それを早めにパスするようにグレナディアガーズが進出して直線に向く。

3番手以下は早々に離れ、前2頭の叩き合いに。ルークズネストは直線で左右にフラフラと蛇行しながらの競馬になったが、失速度は小さく、最後までグレナディアガーズに抜かせなかった。2着には勝ち馬をアタマ差とらえ損ねたグレナディアガーズ、3着は離れた争いを制したモントライゼ。

勝ち時計1.20.1はファルコンSが現行の中京1400mに変更されて以降で最速。「雨予報が外れると速い馬場が出現する」といった話も耳にするが、今回は正にその通りの結果だった。

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。