約1カ月ぶりにハンアリで戦う京都ハンナリーズ、リバウンドを制して試合のペースを握りたい(バスケットボールキング)

出典元:バスケットボールキング

■京都ハンナリーズvs島根スサノオマジック(@ハンナリーズアリーナ)
3月24日19時5分

山口颯斗が2戦連続で2ケタ得点をマーク、野本大智も13得点/第27節特別指定まとめ

 西地区8位の京都ハンナリーズと同5位の島根スサノオマジックが対戦。前節、お互いしっかりと勝ち切った経験を生かせるか。

 京都はバイウィークを挟んで、直近4戦は連敗なしの2勝2敗。第1戦で敗れても第2戦でカムバックしており、前節のアルバルク東京戦でも修正する力を見せた。リバウンドの意識を高めて相手のセカンドチャンスを減らし、ゾーンディフェンスとマンツーマンディフェンスの併用で流れを呼び込んだ。また、レイヴォンテ・ライスとデイヴィッド・サイモンの2枚看板に加えて、松井啓十郎が3クォーターに2本の3ポイントシュートを沈めて接戦をモノにした。

 一方、島根は前節、信州ブレイブウォリアーズ戦との第2戦で勝利し、連敗を4でストップ。試合序盤からディフェンスが機能し、相手ガード陣に対してプレッシャーをかけてミスを誘った。そこから素早い攻撃に転じ、最終的にはペリン・ビュフォードがゲームハイとなる21得点をマークしてチームをけん引。さらには北川弘やデモン・ブルックスが復帰後そろって活躍し、白濱僚祐の欠場を阿部諒や杉浦佑成がカバーした今後につながる勝利となった。

 両チームの前回対戦は昨年12月にさかのぼり、京都が今シーズン最小失点となる84-59で快勝。しかし当時、島根はビュフォードを欠いており、今節はまた違った展開になるだろう。島根は、復調の兆しを見せるトランジションオフェンスでリベンジできるか。対する京都は相手の強みを封じるためにも、ディフェンスが肝心になるだろう。リバウンドを抑え、試合のペースをコントロールしたい。

文=大橋裕之

■ロスター
・京都(ヘッドコーチ:小川伸也)
寺嶋良
會田圭佑
大庭岳輝
久保田義章
松井啓十郎
満田丈太郎
レイヴォンテ・ライス
石谷聡
細川一輝
ジャスティン・ハーパー
内海慎吾
永吉佑也
デイヴィッド・サイモン

・島根(ヘッドコーチ代行:河合竜児)
後藤翔平
橋本尚明
山下泰弘
北川弘
ペリン・ビュフォード
リード・トラビス
阿部諒
杉浦佑成
白濱僚祐
小阪彰久
デモン・ブルックス
ウィリアムスニカ
神里和

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。