ジョン・ウォールが約5年ぶりのトリプルダブル! 20連敗のロケッツがようやく勝利(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

3月23日(現地時間22日、日付は以下同)に行なわれたトロント・ラプターズ戦。ヒューストン・ロケッツは117-99で勝利し、約1か月半ぶりの白星を手にした。

シクサーズと2ウェイ契約を結ぶポール・リードがGリーグのMVPと新人王をダブル受賞

 2月5日のメンフィス・グリズリーズ戦を最後に、20連敗を喫していたロケッツは、ジェイショーン・テイトが22得点6リバウンド5アシスト、スターリング・ブラウンが20得点10リバウンド、クリスチャン・ウッドが19得点、ダヌエル・ハウスJr.が12得点6アシストをマーク。

 そしてジョン・ウォールは約5年ぶりのトリプルダブル(19得点11リバウンド10アシスト)に2ブロックを残して勝利を強烈に後押し。

 就任1シーズン目のスティーブン・サイラスHC(ヘッドコーチ)は「私は『たぶん今日がその夜になる』と感じていた。何かスペシャルなことが起こると感じていたんだ。我々にとって、スペシャルなこととは、あまりにも長い連敗を経て、勝利することだったんだ」と試合後に振り返る。

 アキレス腱断裂から完全復活を目指しているウォールは勝利後、サイラスHCと大きくハグを交わし、喜びを分かち合った。

「彼にはこう言ったんだ。『俺たちはついにやったんだ』とね。それに、『どんなことがあろうと俺はあなたと一緒だ』と言ったら、彼も同じことを返してくれたよ。どんなコーチでも、こんな逆境には立たされたくはない。でも彼は最初の年から経験することになっていた。だから俺は(連敗から脱出できて)うれしいよ」とウォール。

 一方、敗れたラプターズは泥沼の9連敗。フレッド・バンブリートがゲームハイの27得点に8リバウンド4スティール、パスカル・シアカムが21得点10リバウンド、ノーマン・パウエルが19得点、カイル・ラウリーが17得点8アシストを残したものの、勝利には届かなかった。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。