第27節のベストオブタフショット…1位はウィリアムズの勝ち越しブザービーター(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

Bリーグは3月24日、B1リーグ2020-21シーズン第27節の『BEST of TOUGH SHOT Weekly TOP5 presented by G-SHOCK』を発表した。

あの開幕戦を知る男、岸本隆一、田代直希が琉球をリーグ初制覇に導く【#バスケが観たいです】

 第1位はジャワッド・ウィリアムズ(レバンガ北海道)が大阪エヴェッサとの第2戦で決めた勝ち越しブザービーターの3ポイントシュートとなった。

 第1戦を2点差の僅差で落とし、この試合も最大24点のビハインドを背負った北海道は、第4クォーター最後のポゼッションを81-81の同点で迎える。残り3秒、多嶋朝飛がドライブでディフェンスを引き寄せると、右コーナーにいたウィリアムズにボールを託す。大阪のアイラ・ブラウンが必死にチェックするも、ウィリアムズの放った3ポイントはリングに吸い込まれ、鮮やかな勝ち越しブザービーターとなった。

 なお、ジョーダン・ハミルトン(滋賀レイクスターズ)が2位、小酒部泰暉(アルバルク東京)が3位、ジョナサン・オクテウス(滋賀レイクスターズ)が4位、長谷川暢(秋田ノーザンハピネッツ)が5位に続いている。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。