富山が宇都宮との接戦を制す…長時間出場のスミスとマブンガが大車輪の活躍(バスケットボールキング)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:バスケットボールキング

3月24日、各地でBリーグ第28節が行われ、富山グラウジーズは宇都宮ブレックスと対戦した。

CS争いを繰り広げる富山グラウジーズ、堅守を誇る宇都宮ブレックスをホームで破れるか

 第1クォーターを20-18とわずかにリードして終えた富山は、続く第2クォーターに流れをつかむ。終盤にジュリアン・マブンガのレイアップで2ケタ点差とすると、最後は岡田侑大が3ポイントをヒット。46-32と14点差で前半を終える。

 第3クォーターは宇都宮に主導権を奪われ、点差を詰められる展開に。終盤に逆転を許すが直後にマブンガの得点で再びリードを奪い、63-62とわずか1点差で勝負の最終クォーターへ。第4クォーター中盤、ジョシュア・スミスを軸としたオフェンスで再び点差を2ケタにするも、そこから宇都宮の猛追を受け、残り1分7秒に逆転を許す。しかし、すぐさまマブンガがバスケットカウントでリードを奪い返すと、その後は宇都宮に得点を許さず、最終スコア90-85で勝利した。

 勝利した富山はスミスが39分の出場で26得点11リバウンド、マブンガが40分のフル出場で23得点10リバウンド、岡田が11得点をマークした。

■試合結果
富山グラウジーズ 90-85 宇都宮ブレックス(@富山市総合体育館)
富 山|20|26|17|27|=90
宇都宮|18|14|30|23|=85

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントは受け付けていません。