鶴竜引退6度の優勝も度重なるけが…5場所連続休場で決断(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆大相撲春場所11日目(24日・両国国技館)

 大相撲の第71代横綱・鶴竜(35)=陸奥=が24日、現役を引退し、年寄「鶴竜」を襲名した。同日の日本相撲協会理事会で承認された。モンゴル出身の鶴竜は2014年春場所後、横綱に昇進。横綱在位は歴代10位の41場所、優勝は6度を誇るが、近年は腰のけがに苦しみ5場所連続休場中だった。昨年11月場所後には、横綱審議委員会で「引退勧告」に次ぐ重さの「注意」を決議されていた。昨年12月に親方になるのに必要な日本国籍を取得し、今後は鶴竜親方として後進の指導にあたる。

 鶴竜が約20年に及ぶ土俵生活に別れを告げた。師匠の陸奥親方(元大関・霧島)は「けがが治りきらなかった」と説明。場所前に負傷した左太ももの状況が思わしくなかったという。11日に全休が決まった際は現役続行を強く希望していた。場所前に横綱が締める綱も新調し、この日も稽古場に下りていた。だが「気持ちは切れていなかったけど、体が駄目だった。本人が決めたことだ」と師匠。体は限界を迎えていた。

 親方として協会に残る条件でもある日本国籍は昨年12月に取得済み。この日、相撲協会理事会で年寄「鶴竜」の襲名が承認された。横綱は現役時代のしこ名で5年間、協会に残ることができる。今後は105ある年寄名跡の取得も目指す。

 鶴竜の土俵人生は1通の手紙から始まった。モンゴルで相撲中継を見て角界に憧れたが何のつてもない。01年4月に経歴と相撲への情熱を書き記し、相撲愛好会などに送った。関係者を通じ、今は亡き入門時の師匠で先代の井筒親方(元関脇・逆鉾)へ手紙が偶然、渡ったことが入門のきっかけ。先代師匠は細身の少年を見て床山志望と思ったほどだったが、01年九州場所に初土俵。先代師匠譲りのもろ差しからの速攻など技巧派として頭角を現した。

 12年春場所後に大関昇進。初優勝した14年春場所後に28歳で横綱に昇進した。だがその後は、左肩や腰など度重なるけがに苦しんだ。在位41場所中19場所で休場。さらに、ここ9場所で皆勤できたのは昨年春場所のみ。こうした状況に横審は昨年11月場所後、もう一人の横綱・白鵬とともに「注意」の決議を出した。

 今場所は進退を懸ける覚悟も、直前に負傷の不運に見舞われ、5場所連続休場を余儀なくされた。来場所以降に再起を目指したが、かなわなかった。25日にオンライン会見する予定だ。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントは受け付けていません。